セラミック矯正は永久に使えるか

セラミック矯正の効果や効果寿命について触れたデンタル情報サイト

セラミック矯正と種類

歯の矯正はセラミック矯正以前からも行われており、セラミック矯正はむしろ既存の矯正方法よりも新しい矯正方法であることから、歯科矯正のセオリーとは言えないでしょう。

一般的な歯科矯正方法として、ワイヤーを通して歯にブラケットを装着し歯列を矯正する最もスタンダートなワイヤー矯正をはじめ、個々人の歯並びに則した透明のマウスピースを製作して装着するマウスピース矯正や、ブラケットによって歯の特定部位だけを矯正する部分矯正などの歯科矯正方法があります。

それぞれの矯正は、審美歯科を扱う歯科医院等で歯科矯正の一環として提供されています。
ワイヤー矯正に約3年かかり、マウスピース矯正も同じく約3年、部分矯正でも1年以上が見込まれるなど、矯正を終えるまでにかなりの時間を要します。
強制的に歯列を整えるため、長期間にわたって鈍痛と付き合わざるを得ないのです。

ちなみに、歯科矯正は審美歯科の一種であることから、基本的に医療行為とは見做されません。
先天的な異常や異常な顎変形症などの例外を除き、保険適用外であるため、費用が高額で、ワイヤー矯正に約100万円かかり、マウスピース矯正も同じく約100万円かかることもあります。
部分矯正でも約50万円はかかりますが、セラミック矯正の場合、個別で歯に矯正を施せるものの、全ての歯を矯正すれば約200万円はかかるなど、金銭面での負担は既存の歯科矯正と同等以上に重く設定されています。
一定の需要があることを考慮すれば、既存の歯科矯正が避けられる最大の要因は、矯正にかかる年数なのかもしれません。

セラミック矯正以外の一般的な歯の矯正方法

歯科矯正の一種であるセラミック矯正は、自然歯を削ってセラミックによって整形を行うという、既存の歯科矯正とは全く異なる矯正方法です。自然歯を大きく削ってセラミック製のクラウンを被せるものと自然歯を削る範囲を抑制し、セラミック製のチップを装着するラミネートベニアの2種類があります。

セラミック矯正のメリット・デメリット

セラミック矯正のメリットは、矯正スピードの早さに加え、痛みが最小限かつ短期間であることや、審美的な効果が高いことなどです。クラウンであってもラミネートベニアであっても、結局は自然歯を削らなければないことから、歯へのダメージが大きいというデメリットは避けられません。

永久にセラミック矯正歯を維持することの現実性

クラウンやラミネートベニアに用いられるセラミック素材は、耐久性に優れ、汚れにも強いので、長期間にわたって耐用できるだけの性能を備えています。セラミック矯正歯の10年という寿命を引延ばすことはできても、寿命を迎えるまで永久に維持するのは現実的には難しいでしょう。