セラミック矯正の効果や効果寿命について触れたデンタル情報サイト

>

セラミック矯正以外の一般的な歯の矯正方法

セラミック矯正とはどのような矯正方法か

セラミック矯正とは歯科矯正の一種であり、既存の歯科矯正が年単位の時間をかけてじっくり矯正しているのに比べると、格段に速いことを強みとした歯科矯正の方法です。
これはセラミック矯正が既存の歯科矯正とは、全く異なるアプローチをとっているためです。

セラミック矯正が基本的にどのような矯正方法を取っているのかというと、生来の歯である自然歯を削ってしまい、整形した自然歯に自然歯と酷似した色合いのセラミック製カバーであるクラウンを被せていきます。
既存の歯科矯正が歯の位置を矯正することで歯並びを整えているのに対して、セラミック矯正では歯並びを矯正するのではなく、歯を削りクラウンによって歯並びを整えてしまいます。

二種類のセラミック矯正

自然歯を削ってクラウンでカバーすることを基本としているセラミック矯正ですが、セラミック矯正は自然歯を削って整形してしまうメジャーな矯正方法以外にも、歯の表面のみを削ってセラミック製のチップであるラミネートベニアを張り付ける方法もあります。
既存の矯正方法よりも圧倒的に速いとはいえ、歯並びを整えるために自然歯を削らなければならないタイプのセラミック矯正に比べると、多少なりとも歯にかかる負担が小さくなる点は大きな利点でしょう。

ただし、自然歯の表面を覆うエナメル層は歯を守る最大の防壁であるため、例えセラミック製のチップを張り付けるタイプのラミネートベニアであっても、自然歯にダメージが生じることは避けようがありません。
エナメル層を損なえば、虫歯をはじめとした歯の病疾患の原因になりかねません。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ